台湾パイナップルを通じて台湾と九州の友好が深まり、おいしさがもたらす笑顔が広がることを目的としたプロジェクトです。
まずは主催者の松岡恭子からのメッセージをご覧ください。

詳しくはこちら

各社の取り組み

2020年秋、One Kyushuミュージアムにはパティシェ、シェフ、茶司、ソムリエなど多彩な食の専門家に参加してもらい、開催しました。このたび新たなメンバーも迎え、台湾パイナップルの美味しい食べ方を開発することにしました。