産品

竹細工 700年

大分県といえば竹細工。本格的に工芸品として扱われるようになったのは室町時代からだとされ、行商用の籠が販売のために生産されるようになったそうです。伝統的な技を使い、新しい感性でつくられた作品を紹介します。

関連記事一覧